SNSもいい部分と欠点がある

今や日本人の大半が何かしらのSNSを利用している時代です。
有名なSNSから、小規模なSNSまで、いろんなSNSをたくさんの人が利用しているわけです。

これだけ多くの人が利用しているということは、様々なメリットあるからこそ利用しているわけです。
ただ、SNSにもいい部分もあれば、欠点もあるわけですから、その2つをしっかりと把握した上で利用することが重要になってきます。

まずSNSのメリットですが、やはり気軽にいろんな人と交流できることが、1番の魅力だと思います。
リアルの友人はもちろん、全く知らない人でもSNSを通じて交流することができるので、たくさんの人と仲良くなることができるのです。

しかも、携帯やパソコンで気軽に利用できますから、忙しい人でも毎日のように楽しむことができるのです。
登録も非常に簡単なので、いつでも始められるというのも利点の1つでしょう。

そして何より、仲良くなった相手とはリアルで出会うこともできますから、リアルの友達をたくさん作ることもできるのです。
さらに言えば、SNSを通じて恋人関係になることもあるわけですから、一生のパートナーが見つかるかもしれないのです。

一方で、SNSには欠点もいくつか見えます。
まず、誰でも気軽に利用できることから、どうしてもイタズラや荒らし行為を目的に利用する人もいます。
もっと酷いケースになれば、詐欺などの犯罪行為をSNSで行う輩もいたりするのです。

ですから、そのような悪質な利用者の被害に遭わないよう注意して利用しなければなりません。
特にリアルで相手と出会う際には、細心の注意を払っておくようにしましょう。

また、SNSは基本的に匿名で利用するケースが大半なので、どうしても不透明な部分が多くなってしまいます。
プロフィールも自分の好きなように記載できるので、嘘の情報を書くこともできるわけです。

そのため、相手の信憑性に関しても、どうしても本名性を採用しているサイトに比べると、落ちてしまうのが現実なのです。
こういったデメリットがあることも頭に入れておいた上で、楽しく安全にSNSを利用するようにしましょう。

SNSに依存しすぎるのも禁物

SNSというのは、とっても便利なツールです。
リアルの友達といつでもやり取りができますし、なおかつ新しい出会いを探したり、初対面の人と交流することもできるわけですから、本当に利用価値の高いサイトだと言えます。

それでなおかつ、ブログやニュースやコミュニティなど、いろんな機能が搭載されているわけですから、毎日何時間もSNSを利用している人も少なくないと思います。

さて、そんな便利なSNSですが、あまりに依存しすぎてしまうのも問題だと言えます。
SNSに依存してしまうと、色々と面倒なことになってしまうかもしれないのです。

例えば、単純にSNSを利用している時間は、携帯やパソコンとにらめっこしている状態なわけです。
それが長時間続くと、目を始めとしたいろんな箇所が疲労を感じるのです。
それが積み重なると、睡眠不足になったり、肩こりなどの要因になってしまう可能性もあるのです。

また、SNSでのメッセージやブログのコメントが気になり、数十分に1回のペースでアクセスしないと不安になるという人もいたりします。
そんな状況では、勉強や仕事にとても集中できないでしょうし、日常生活にも大きな支障をきたしてしまうと思います。

そして、嫌われたくないという理由から、友達の日記には必ずコメントをする人もいるのですが、それが続くと精神的に追い込まれてしまい、毎日の生活が苦痛に感じるようになる可能性もあるのです。

このように、SNSに依存してしまったことで、楽しくなるはずの生活が、かえって苦しくなるだけになってしまうケースも少なくないのです。
SNSだけに限らず、どんなサイトやツールも、適度に利用するからこそ楽しめるわけで、度を越えるしまうと全く楽しさなど感じられなくなるのです。

価値観は人それぞれ

出会い系サイトでは安易に直アドを教えてはいけません。
それは出会い系サイト登録時もそうですし、出会い系サイトで知り合った女性に対してもそうです。
出会い系サイトの登録時はともかく、女性とは出会い系サイト内のメールのやり取りよりも直アドでやり取りしたい。
そんなふうに思う男性は多いでしょう。
確かに有料サイトを利用していたら、毎日メールのやり取りをするだけで、月額結構な金額になってしまいます。
それに直アドの方がやり取りも楽だし、個人情報を教えてもらえて信用されたという証拠でもあります。

実際に会うためにはまずは直アドをゲットしないと。
そんなふうに考えている男性も少なくないでしょう。
しかしながら男性は女性と比べて警戒感なく本アドを教えてしまいます。
ですが、その本アドを教えた女性が一般女性なら問題ありませんが、サクラだったらどうでしょうか?

サクラは出会い系サイト内でメールのやり取りをしてポイントを消費させるだけではありません。
本アドをゲットしてその情報を売りお金にしています。
つまりあなたの本アドは悪質業者に売られてしまい、スパムメールが届くなど迷惑メールが大量に届くようになります。

本アドの場合は、プライベートや仕事でもそのアドレスを利用していたら、そう簡単に変える事が出来ません。
かといってそのまま使い続けて、ウィルスに感染してしまったら、多くの人に迷惑をかけてしまいます。
そのため出会い系サイトでは男性の方でも本当に信用出来る相手だと思った人にしか教えないようにして下さい。
出会い系サイト登録時も本アドで登録ではなく、フリーメールの捨てアドで登録しましょう。

出会い系サイトで安易に直アドを教えない

■妻帯者か独身者か

女性から見る男性の魅力というのは人によりさまざまです。
外見だけでなくその人の人格や個性も大切ですし、さらには収入や社会的立場が重要という人もいるでしょう。
また具体的に「これ」と挙げられるものではなく、曖昧である場合も少なくないはずです。
さらに、男性の置かれている立場や環境がポイントというケースもあります。
たとえば同程度のルックス、社会的地位、収入、性格もあまり変わらないという男性二人ですが、ひとりは妻帯者で子供が一人、もう一方は独身となると付き合うなら独身男性というのが一般的のはずですよね。
妻帯者と付き合った場合、何よりも相手の妻だけでなく周囲にもバレないようにしなければなりませんし、デートをする機会も限られてしまいます。
会っても一晩中一緒に過ごすのは難しいでしょう。
泊まり掛けで旅行に出掛けることもままなりません。
そんな不自由な交際を選ぶよりも、独身男性なら大っぴらに付き合えますし何よりも周りが祝福してくれます。

■ウソも方便

ところが、世の中にはそんな不自由な中交際している不倫カップルが多数存在しているのです。
とはいえ、あえて既婚者を選んで付き合っているのではなく、交際を始めてから相手が結婚していることに気付いたというケースのほうが多いはずです。
そして、それがわかってからももはや相手の魅力に取りつかれ別れることができないという状況に陥っているのです。
つまり、誰が好き好んで妻帯者と付き合いたいと思うかという点が重要なのです。
もしあなたが結婚しているけれども出会い系サイトで付き合う女性を見つけたいと考えるなら、何もすべてを正直に話さなくても構わないということです。
敢えて自分から結婚していることを申し立てる必要はないどころか、相手が尋ねてもウソをついてもOKなのです。
その後交際が始まって結婚していることに気付かれても、その時点で付き合いをやめるか否かを決めるのはあなたではなく相手側です。
結婚しているから別れるのであればそれもアリ、それでも付き合うのであるなら相手はもうあなたの魅力にはまっているといえるでしょう。
出会い系サイトで真面目な付き合いを求めるのでなければ、「ウソも方便」と認識しましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.